砂の器 (1974)

VN:F [1.9.20_1166]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)
都会の駅の操車場で起きた或る殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説であり、清張作品の中でも特に著名な一つ。ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼んだ。ミステリーとしては、方言周圏論に基く(東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる)設定が重要な鍵を握る、などの試みがなされている。
映画化もされ、その後しばしばテレビドラマとして放映され、その都度評判となった。